Cake -お菓子-


防腐剤や添加物はもちろんのこと、膨張剤も使用せず卵の力だけで膨らませた「本物」のお菓子です。
北海道産小麦にビートグラニュー糖、卵はブロイラーではなく放し飼いの鶏の卵を、クリームにはすべて小麦胚芽から抽出した蜜を使用。
あくまでも素材にこだわり、一切の妥協をせずに焼き上げました。


焼きたてマドレーヌ:¥1,000(3個)
国産無農薬レモンの風味豊かなマドレーヌです。外はサクサク、中はフワフワ。本来は作り手しか味わうことのできない焼きたての美味しさをご堪能ください。

パン・ド・ジューヌ:¥800
イタリアの都市、ジェノバにちなんで作られたという伝統的なお菓子で、名前の「ジューヌ」はジェノバを指すフランス語です。アーモンドの風味が生きた優しい味わいのお菓子です。

渋皮栗のマフィン:¥800
栗の渋皮煮を使った贅沢なマフィンです。栗の美味しさを引き立てるために、甘さは控えめに。そして生地の中に大きめの栗の渋皮煮を丸ごと1個入れて焼き上げました。生地にフランス・ルゴル社のダークラムを少量加えた大人のマフィンです。

ケーク・オ・フリュイ:¥1,200
「ケーク・アングレ」とも呼ばれるイギリスからフランスに伝わったドライフルーツがたくさん入ったケーキです。「アングレ」とはフランス語で「イギリスの」という意味です。フランス・ルゴル社のダークラムとドライフルーツ、クルミが加わったフルーツケーキは、生地の中に美味しさがぎっしり詰まっており、噛むほどに様々な味が口中に広がります。

パウンドケーキ(11~3月):¥800
シンプルだからこそ素材と製法には妥協が許されません。添加物や膨張剤などは一切使わず、卵の力だけで膨らませました。国産無農薬レモンの風味豊かなレモンのパウンドケーキです。

ケーク・オ・シトロン(11~3月):¥1,000
国産無農薬レモンの皮を生地に入れ、レモン果汁とレモンの花から採った蜂蜜で作ったアイシングを施しました。口に入れた瞬間にレモンの香りと味が広がる爽やかなケーキです。

さくらんぼのクラフティー(6~7月):¥1,000
フランス中央部の高台地、中央山塊の麓、リムーザン地方の家庭で古くから作られていたお菓子です。色々な果物を使ったクラフティーがありますが、本来クラフティーと呼べるのは、さくらんぼを使ったものだけです。

ガトーバスク・オ・マロン:¥1,200
ガトーバスクは、フランス・バスク地方の伝統菓子です。本来、バスク地方・イッツァス村の名産物であるダークチェリーやダークチェリージャムを入れるものですが、日本では鮮度のよいダークチェリーの入手が困難なため、クレーム・フランジパーヌにマロンペーストを加え、栗の渋皮煮を入れて焼き上げました。 美味し過ぎるガトーバスクです。

プレミアム・ガトー・ショコラ:¥1,200
ココアパウダーや膨張剤などは一切使わず、最上級のクーベルチュールチョコレートを使い、じっくりと焼き上げました。一口食べれば違いは歴然です。「本物」だけがも つ至高の逸品をご賞味ください。

スイートポテト(10~5月):¥1,000
余分なものは一切使わず、旬のさつまいもとバターと砂糖だけで焼き上げました。お芋本来の味わい深い甘さと、クリーミーでやさしい食感をお楽しみください。

紅玉のタルト(10~2月):¥1,000
サクサクのタルトにアーモンドクリームを入れ、その上に紅玉を並べて焼き上げます。アーモンドクリームのふくよかなコク(甘味)と紅玉の刺激的な酸味とのバランスが絶妙の「至高のタルト」です。

シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ:¥1,200
シュヴァルツヴァルト地方の黒い森(Schwarzwald)と特産品である桜桃(Kirsch)をイメージして作られたトルテ。ココアの入ったスポンジ生地にキルシュ入り生クレームと桜桃をサンドしたケーキです。周りには森に積もった雪に見立てたキルシュ入りの生クレームを塗り、雪の上の落ち葉に見立てて削ったチョコレートと、フランボワーズを飾ります。
※本来このお菓子はシュヴァルツヴァルト地方の特産品である桜桃(ダークチェリー)を使用しますが、メリハリのない甘いだけのお菓子になってしまうため、フランスboiron社のフランボワーズを使用します。